【WordPress】表の枠線を作り、再利用ブロックに追加する。

「表」には、2つあります。(1)まず、事柄を整理して見せるための表です。(2)次に、テーブルと呼ばれるところの、XY座標で表引きをしたり、ある列でデータを並び替えをするための表です。ここでは、一般的な(1)を扱います。

WordPressは、この単純な表を作ろうとすると、結構、面倒に感じます。特に、タテ線を引くのが面倒です。そこでコピペ用のテンプレートを作っておきます。それを、再利用ブロックへ追加します。

項番 実施項目 説明 参考
3-1 表の枠線を作ります。   参考:WordPressで表作成!枠線/プロパティ/色付けを簡単解説!  
3-1-1 「テーブル」を選択します。  
3-1-2 とりあえず、3行4列のマスを作ります(後で増減できます。)  
3-1-3 「表のプロパティ」-> 「一般」 で、枠線の太さを、3とします。  
3-1-4 「高度な設定」 -> 「Border style」 -> Solidを選びます(外枠はくっきりさせるため)。  
3-1-5 「枠線の色」で色を指定しますが、分かりやすく、グレー系で統一していきます。色の四角形の左端縦線がモノクロになります- だいたい真ん中あたりを選びます。 OKを押します。  
3-1-6 枠線が出来上がります。まだ中の升目はよく見えません。  
3-1-7 「セルのプロパティ」 を選びます。  
3-1-8  「一般」-> 「セルの種類」 -> 「セル」 を選びます。  
3-1-9 「高度な設定」-> 「Border style 」->Ridgeを選びます。(Ridgeは、山のように浮き上がって見える線です。)  
3-1-10 「枠線の色」 これも上の3-1-5と同じように設定します。OKを押します。  
3-1-11 このように出来上がります。  
3-2 作った表を、再利用ブロックへ追加します。
3-2-1 「再利用ブロックに追加」 を選びます。  
3-2-2 名前を付けて、保存します。  
3-2-3 「ブロックの追加」 ->「再利用可能」 この中に Ridge表が出来ます。今後、ここから、表が再利用出来ます。  
3-2-4 利用する時は、投稿へ埋め込んだ後、通常のブロックへ変換 を選んでください。そのまま編集すると、この再利用ブロックを埋め込んでいる全てが変更されてしまいます。  
       

タイトルとURLをコピーしました